2008年06月21日

偶然のできごとと思い出すことなど

今日も奥田さんのことを書こう、何を書こうかと思
いつつ
吉祥寺でチラシを置きに回るために自転車をこいで
いた。
ネットで検索して出て来たおおざっぱな地図をもと
に目的地のライブハウスに行くと人だかりがある。
何だろ?と思うが、すぐに撮影現場だということが
分かる。現場に入り切らないスタッフや機材がある。
 と見知った顔がある。唯野さんの事務所の社長さ
んとマネージャーさんだ。
会うのは「三年身籠る」の時以来だから随分久しぶ
りだ。チラシを渡し宣伝する。
 チラシの写真を見ながら「奥田さんはこっちから
撮った方がきれいだ。」なんて言う社長さん。
「『三年身籠る』の時はメイクが濃くてもったいな
かった(パンクスの女の子の役だから奇抜なメイク
を基本していた)」
なんて話もする社長さん。
 聞くとこの現場は中村義洋さんの組だという。
 へーじゃぁKEEくん(渋川さん)の出てる映画じゃ
ないですか?
って聞くと、今現場にいて撮影中だけどもうすぐ終
わる、しかもKEEくんの出番はこれでクランクアップ
なんだと。
 え!そうなんだ、そんな現場にたまたま出くわし
てちょっと面白い。
とはいえ、ずっとここで待ってるのも何だし、まだ
配るべきチラシはたくさんある。
 
 また来まーす、と自転車をこぎ ライブハウスや
ら居酒屋さんらを回る。

 と、ポスターを剥がした跡がある大通りに面した
豆腐屋さんを発見。
 すいませーん、と店に入ると奥の座敷に半分腰掛
けた豆腐屋のおじいさんがいる。
 そして、そのおじいさんは渋い顔して自分の手元
のルービックキューブを見つめていた。
 おじいさんもルービックキューブに夢中になって
いたのに急に僕が入って来てびっくりした様子。
 ポスターを貼る話はまるっきり相手にしてもらえ
なかったけど、店を後にして自転車をこぎながら
 何だかにやにやしてしまった。

 全然そろってなかったな あのルービックキュー
ブ。
 一種の脳トレなんだろうか?
 豆腐屋さんとルービックキューブって合ってなく
ていいなぁ。

 そう言えば「あの空をおぼえてる」の助監督した
時、撮影が休みの日に岐阜のホテルで子役の広田く
ん(10才)が
 一人でいる(いつもはお母さんが一緒だけどその
日は用事があって家に帰っていた)と聞いて部屋に
電話したことがあった。
 広田くんは突然助監督のおじさんが「何してるの
広田くん?」とかけてきた電話に少し狼狽しつつ、
こう答えた。
 「ルービックキューブやってます」
 何だよ。一人でルービックキューブやってんの
か、かわいそうに、でもこんな知らない町じゃ一人
で出歩けないよな。
 「じゃぁ おじさんとお祭り行こうぜ」
 その日は「信長まつり」という大きな祭りがホテ
ルの前の通りで行われる日だった。部屋でルービッ
クキューブやってるよりいいだろう。
 「お母さんに相談します」
 と妙に冷静な広田くんはお母さんに相談するため
に電話をかけたのでした。
 
 と、また話の本筋とは関係ないことになってるけ
ど、ま、いいではないか。

 結局お母さんの許可をもらった広田くんとお祭り
に行った。広田くんは帽子をかぶってやったきた。
 子どもが外にお出かけする時にかぶる独特の帽子
で、普段の広田くんはかぶっていないので、
 お、やる気まんまんだな!
 と、おじさんのテンションも上がった。
 
それから二人で町を歩き、射的をやったりダーツを
したり、ラムネを飲んだりした。
その度に広田くんがお金を出そうとする。
いや、いいよ俺オトナだから、とか言っても恐縮し
ている。「次は僕が払います」なんて言う。
ちゃんとした子だなぁと思いながら道ばたに座って
焼きそばを半分こにして食べてると
「僕こんなとこで食べるの初めてです」
え!そうか。でもベンチとか全然ないしなぁ。しょ
うがないよなぁ。
なんか自分が「パーフェクトワールド」のケビンコ
スナーのような気がしてくる。

食べ終わって肝心の祭りのパレードの信長を道ばた
に座って待つ。
やがて悠然と馬に乗って信長が現れた。
すると日頃の顔見知りらしいおばさんが信長に
「××さーん」って本名で語りかけ、それによせば
いいのに馬の上の信長が「あ、どーも」なんてとっ
ても小市民な感じで答える予想外の展開に広田くん
と二人で爆笑した。

何だか楽しかったなぁと満足して、それにしても信
長の「あ、どーも」はないよなぁ、なんて話しなが
ら二人でホテルに帰っていると広田くんが「あのー
これでー」とおずおずと500円玉を差し出す。
広田くんは、ずっと屋台で僕が払ったお金のことを
気にしてたのだ。
きっと信長のパレードを見ながらもそのことが頭か
ら離れなかったのだろう。
おもしれーなーこの子は、と思い「いや、ほら俺オ
トナだから、子どもからもらえないよ」なんて言うと
「そうですよね。大人のプライバシーがありますも
んね」
「プライバシーじゃないよプライドだよ」
「あ、まちがえました。プライドです」
って二人で笑いつつ、でも今の広田くんわざとボケ
たんじゃねーか?なんて疑って帰った日のことを思
い出して自転車をこいだ。 
 話がすっかりそれてます、すいません。降り出し
た雨のせいです。
 
 ライブハウスに戻るとKEEくんがいた。今日でクラ
ンクアップってことで晴れやかな顔してる。って、
いつも基本気のいいお兄ちゃんって感じだけど。い
つもと違うのは随分髭が伸びててリンカーンみたい
だ。
 もうすぐ公開だから、公開中にするイベントの話
なんてする。まだ決定してないから発表できないけ
ど、おもしろーいことが出来そうです。期待してて
下さい。

 ってか公開せまってきた。やべー。あせってき
た。これをどれだけの人が読んでるか知りませんが
 宣伝して下さいね。良かったら。お願いします。

 ま、渋川さんのことはまた改めて。奥田さんのこ
とも また書こう。怒られなさそうないいことを。
 ルービックキューブのことは ま、いいか。

                       
           余談の多い宮田宗吉(監督)
posted by バカバカンス at 04:17| Comment(11) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ
この記事へのコメント
大丈夫ですよ。
奥田さんは怒りませんから、テレてるだけですから。

「まんざらでもない。」って言ってるんで、もっと、もっと言っちゃって下さい。

そういえば、奥田さんも時々雨のせいにしてますね。
でも、結構雨好きだったりもします。

今は、実家で(動物たちと)留守番中。

向こうも、きっと大雨だろうし、監督のコメント待ってんじゃないかなぁ。
Posted by 残月 at 2008年06月21日 04:56
『今日も奥田さんのことを書こう』なんて、、、
ツカミは、ばっちりですね(笑)。
それにしても、今回は外国人の名前がたくさん出てきたなぁ。
ケビン・コスナー、リンカーン、ルービック・キューブ。。。
渋川さんの話は、ホントに書かなくても良いんですかね?

『豆腐屋の親父め、ポスターくらい貼らせろよぉ〜!!』とか、
『子供のくせに、生意気だぁ〜!!』なんてことを決して言わない、
監督の人間性がすばらしい(と、ちょっと持ち上げてみました)。
宣伝させていただきます、勝手に。

次回『名子役 広田くん!その2!』を期待しています(ないか。。。)
Posted by ジーホー at 2008年06月21日 07:55
吉田里琴ちゃんではなく、広田くんを誘う照れ屋さんな感じがいいなあ。(単に広田くんが一人だったから心配で声をかけたんだろうけど。)

でも、『パーフェクトワールド』のケビン・コスナーは、ちょっとカッコ良すぎやしませんか?
『菊次郎の夏』の北野武あたりでどうだろう。。。

『バカバカンス』、宣伝しておきます。名古屋で。
だから、こっちでも公開できるよう奔走してくださいませね。
そして実現した暁には、奥田さんをつれてイベントに来てください。
待ってます。
Posted by リューカ at 2008年06月21日 09:46
広田くんは筋金入りのインドア派なんですね。
自分も、今日も明日もやることいっぱいで強制インドア派です。

きっと広田くんは、監督と食べた焼きそばが一生思い出に残り続けると思います。
広田くんの人柄がよくわかる微笑ましいエピソードであったかくなりました。

未だにルービックキューブを一面しか揃えられない自分に乾杯。
Posted by PON at 2008年06月21日 10:40
え〜〜!!

リューカさんって、名古屋の人だったんですかぁ。

自分は、こことか奥田さんとこで、"名古屋"って事言ってたんで。
そうならそうと、言って下さいよ。

でも、このコメント欄"名古屋率"高いって事ですよね。

なら、宮田監督!! もう名古屋でやるしかないでしょ。

名古屋は、奥田恵梨華を待ってるぞ〜〜〜。

ホント、頼んます。

m(_ _)m
Posted by 残月 at 2008年06月21日 14:42
>リューカさんって、名古屋の人だったんですかぁ。

そうですよ。言ったことなかったかな?
「愛の迷宮」が東海テレビ制作だったんで、「恵梨華嬢がひょっとして名古屋に!?」と期待してしまったおっちょこちょいです。

「オクダエリカを肴に酒を飲む会 in Nagoya」でもやりたいもんですね。


>でも、このコメント欄"名古屋率"高いって事ですよね。
>なら、宮田監督!! もう名古屋でやるしかないでしょ。

"名古屋率"というか、"大作戦率"がめちゃ高いですよね。
と、いうわけで【奥田さん縁の県上映ツアー】ってのはどうですか、監督?
秋田、愛知、福井、滋賀、京都、大阪、鹿児島って感じ。(他にもあるかも。よくわかんない。)
Posted by リューカ at 2008年06月21日 16:27
>リューカさん。

そうだったんですか。
「愛の迷宮」の頃(去年の秋かな?)は、昔の携帯(ショボイ)だったんで、まだ「大作戦」には参加してなかったんですよ(パソコンも持ってないし)。

「食パンのスライス」の事とか、自分が書いた「エスカレーター」の時とか、特に言ってなかったんでわかりませんでした。

どうせなら、伏見のミリオン座で「奥田恵梨華特集」やって欲しいですよね。

月末の土曜日にオールナイト企画やってるんで(最近は浅野忠信とか小栗旬とか、個人にスポットが当たってる)。

あと、奥田さんところでも書いたんですけど、
「イヌゴエ」(確か、KBS)とかも、スッゲー観たいんですよね。

ホント、「もっと名古屋に奥田恵梨華を!!」って感じです。
Posted by 残月 at 2008年06月21日 17:51
パーフェクトワールドのケビン・コスナー…

じゃあ俺、クリント・イーストウッドぉ☆
Posted by 天神 at 2008年06月21日 22:43
大作戦率は必然的に高くなるでしょw

このブログには関係ないけど、イヌゴエも全然見てない。
サンテレで放送してたのに。

てか監督結局奥田さんのこと書いてないじゃないですか!!w
奥田さんに、怒られるようなことがいいなぁ。
期待して待ってます。

最近のお子さんは、特に役者とかやっている子は気遣いがすごいですね。
それだけ色んなことを感じる力が無いとダメなのかなぁ。
Posted by ボブ at 2008年06月22日 03:25
では、もうひとり中部圏。
僕は三重県津市在住です。
大作戦があんなんなっちゃって、行き場を失い、右往左往してます。
しばらくぶりです。
皆さん、覚えていただいてますか…
Posted by 玉子男 at 2008年06月22日 04:02
>では、もうひとり中部圏。
>僕は三重県津市在住です。

宮田監督と、レストランのオーナー役で出演の中島陽典さんも愛知県出身だそうですね。
今回監督が書かれたエピソードは岐阜での話だし、ほんと中部圏が引き寄せてる感じですわ。(繰り返しこんなこと言ってるとサブリミナル効果になるかしらん?)
Posted by リューカ at 2008年06月22日 06:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16227479

この記事へのトラックバック