2009年04月18日

「中一クエスト」 一回目終わりました!

家だ録画しながら見ました。
初見です。
と、なぜか副音声付きで始まり
いわゆる目の見えない方向けの状況を一部始終説明する
音声ありで最初見てしまい
おかしい おかしい
と音声切り替えボタンを押したりしたけれど改善されず
結局録画を中止しテレビで直接見ました。

そんなこともあり冷静には見れません。
主人公が中学生だからということでちょっと照れちゃうような
セリフも
言わせたりしませたが、自分で見ていて照れたりしました。

シナリオにあって無くなってるシーンもいくつかありました。

僕のシナリオが長かったんですね。

見終わってディレクターさんと電話で話したら普通につないだ
ら48分あったそうです。だから20分近く切ったことになり
ます。

もう一度冷静に見直したいと思います。
副音声なしバージョンで見ようと思います。

見てくださった皆さんはいかがだったでしょうか?
感想を聞かせて頂けるとうれしいです。

今回見逃した方は来週再放送ありますよ。

4月25日(土)12時30分〜12時59分(NHK教育)中部
以外
4月26日(日)11時〜11時29分(NHK総合テレビ)中

のみ

です。http://www.nhk.or.jp/nikki/re_weekly/index.html
良かったら見て下さい。

ではでは。ひとまず。


               宮田
posted by バカバカンス at 22:25| Comment(5) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ
この記事へのコメント
案の定、その時間を狙ったように出かけてしまいました。
再放送観ます。
Posted by 奥田 at 2009年04月19日 13:48
昨日、録画しておいたのですが、まだ観ていません。

理由は、昨日観た2本の映画が、あまりにも`濃い'というか、`強烈'というか。

特に、「遠藤憲一さん」の“怪演”に、頭がシビれまくってしまったので。 ちょっと、クールダウンが必要かなと。

ということで、感想は後日改めて、書かせていただきます。

Posted by 残月 at 2009年04月19日 13:59
ビデオに録ってみました。
ロン毛のバッハがでてきたとき宮田監督かと思っちゃった。
中一ってかわいいなぁ。
私中学26年生ですけど、思わずぐっとときちまいました。
26年前の気持ちもわかるような。
で、男子っていいなーって思いました。

Posted by ナナオ妻 at 2009年04月20日 00:11
 
狙っていませんが(笑)不在で観れませんでした。
ホンマすみません。
 
次の放送は、録画してでも必ず観ます。
そして観られへんかったヒトには送り付けます!
(注;録画したものは個人で楽しむ以外はあきません)
 
Posted by ハニマーク北村 at 2009年04月20日 00:35
遅まきながら、先ほど『中一クエスト』を観ました。
とても良かったです。中学生の頃の気持ちを忘れずにいる人でないと書けない脚本だろうなぁと思いながら見ていました。
物語の展開というか構成というかアイデアが面白いですね。
見ていない方もいるようですのであまり深く書けませんが、本当に良かったです。中学生の頃の気持ちを思い出させてくれました(といっても別に引きこもっていたわけではありませんが)。
僕には台詞の中に照れるような部分をあまり感じませんでしたが、
脚本を書かれたご本人からすると多少恥ずかしく感じるものかもしれませんね。
48分バージョンもぜひ見てみたいと思いますが、
それはちょっと難しいかな。。。
ギャップ万年君もバッハ水野君もがんばってたっす、良かったっす。
前回同様、先生役が金剛地武志さんで、そのせいか重さがなくて、、、中学生日記的にこれでいいのかな?とは少し思いましたけれども、最近の中学生日記はそういう傾向なのですね。昔の中学生日記とは違ってテーマは重たくても明るく爽やかな感じで描かれていて、とても良かったです。
そういえばGSD万年君の台詞でBoBAさんを思い出しました、
『あるよっ』っつって(笑)。

長々と失礼しました。。。
Posted by ジーホー at 2009年04月20日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28549399

この記事へのトラックバック