2009年10月13日

ヴィヨンの妻!

見ました。
いい映画でした。松たか子も浅野忠信もそして奥田恵梨華も。
そうです。我らが奥田恵梨華も出てるのです。

でも なかなか出て来ません。

ひょっとして そのシーンが編集でカットされてしまったのか?なんて脳裏をかすめつつ

いやいや7月に沖縄の結婚式で会った根岸監督に 奥田さんの話をした時にそんな話はしてないしおまけに試写状までくれたから んなはずはない 奥田さんは出てくる! と思って見てました。

たら出て来ました。大事なシーンのいい役で。

ホッと胸をなでおろしました。

映画自体もよくて 太宰治って どっか憎めないとこがあると思ってましたが 実にそんな感じを浅野忠信がやっていて。

ラストも良かったです。ちょっと泣いてしまいました。

グッドバ〜イ!

なんてよ〜ん。
posted by バカバカンス at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年10月09日

誕生日

今日は宮田監督の誕生日なのら。


何歳になったのか知らぬが、めでたいのら。


祝うのら。



by奥田(秋眠中)
posted by バカバカンス at 16:34| Comment(8) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年10月05日

何度でも気を取り直すぜ!

ってはるさんが言ってました。
昨日赤坂ブリッツにピーズのライブを見に行ったのです。
去年も赤坂ブリッツに見に行きました。
あれは6月のことでした。http://info.bakabakance.com/article/15857135.html
バカバカンスの上映の約一ヶ月前で、バカバカンスのチラシを
折り込んでもらうことをピーズの事務所の方にお願いしてまし
た。
バカバカンスのエンディングはピーズの「ノロマが走っていく
」ですからね。
ところが、ライブ会場に入ってもチラシが渡されない。
え!何で?何で?
と思いながら見たのが去年の赤坂ブリッツ。
ショックで全くもって集中できないライブでした。
ま、ライブ後にチラシを渡すんですね赤坂ブリッツは。
それを知らなかったので、非常に複雑な思いで見ていた去年の
ライブ。
それにひきかえ今年のライブはとっても楽しめました。
いや良かったな。
競馬で負けたことをグダグダ言いながらのオープニングで始ま
って、途中のMCもグダグダです。いつもそんな感じですが、何
だか楽しそうです。
で曲になると

脳みそが邪魔だ 半分で十分

とか

夢は見た やりつくした わけわかんねーまま散るぜ

とか

ネタはないんだ 何もないんだ 自分自身がネタになるんだ

って曲で盛り上がるんですから不思議なバンドだとつくづく思
います。

で見ながら思いました。

深刻そうな顔して深刻な歌を歌うバンドは俺苦手だな。

深刻そうな顔はうさんくさいです。ホントに深刻なら話は別で
すが。
でもホントに深刻でも、そんな顔は部屋で一人でやっとくれ、
って感じです。

んなこと思いながら見て、曲によっては色んなこと思い出した
りね。
音楽って記憶を呼び起こしますからね。
東京に大雪が降った日にアパートでピーズのCDばっかり聞いて
た時のこととか。テレビもつないでなかったもんなあの部屋。
くずんなってGO な気分でした。

で昨日もライブでやりましたよ「くずんなってGO」名曲ですか
らね。
たらウルフルケイスケがギター弾きながら出て来ました。
いつものあのカウボーイハットを被ってニコニコしながら。
盛り上がりますね、これはイヤオー無く。
んで「好きなコはできた」も続けて演奏ですよ。
しかしウルフルケイスケはとってもニコニコしてます。
何であんなにニコニコできるんだろう?いい感じです。
良かったなぁ「好きなコはできた」

ウルフルズは活動停止しちゃったけど。ピーズも活動停止して
た時期もあったし。その時にウルフルズのアルバムでピーズの
「実験4号」カバーしててね。

そんなことも思い出しちゃうと、なんかバンドマン同士の付き
合いっていうか。

バンドは大変だと思います。想像するだけですが。

最近読んだ清志郎の本でも、清志郎はRCを解散した後も10年
くらいずっと歯磨いたりしながらも失恋したような気持ちでRC
のこと考えてたっつうからなぁ。
あの清志郎がですよ。

ピーズもホントに色々ありましたし。

何度でも気を取り直すぜ!

ってはるさん言ってましたよ昨日。

そうですなぁ。

何度でも気を取り直せばいーんだ。

いいライブだった。
posted by バカバカンス at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年09月26日

冬構え

見ました。
NHKで再放送です。
たまたま見ました。
笠智衆主演で山田太一シナリオ作品です。
このコンビは三部作というか、他に「ながらえば」と「今朝の秋」って
のがあって
その二本を見ていて、この「冬構え」も見た気になってましたが見てま
せんでした。
他の二本もすばらしかったのですが、これも良かった。
内容は自殺を決意した笠智衆が秋の東北を旅するという話です。
その道中で旅館の仲居の岸本加世子と出会ったり、同じく一人旅をする
沢村貞子と出会ったりするのです。
特にグッと来るのが最後に出会う藤原鎌足との二人のシーンです。
「ながらえば」の中での宇野重吉との二人芝居も相当グッと来ました
が、これも良かったです。
口べたなじいさん同士が、それでも何とか不器用に伝えたいことを伝え
ようとするシーンで、本当に名シーンだと思いました。
死のうと思う主人公が旅するドラマってある種のジャンルというかよく
ありますが、結局見てる側の関心は、ドラマの中でどう救われるのか?
はたまたそのまま死んでしまうのか?ってことだと思います。
このドラマの結末は納得できるものでした。
藤原鎌足良かったなぁ。
笠智衆が旅館の大浴場でクロールをするシーンもあります。
あんな旅をしてみたいです。
秋の東北。
良かったなぁ。
posted by バカバカンス at 16:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新情報

2009年09月24日

フリーなマーケット

200909231206000.jpg200909231601001.jpg200909231602000.jpg今日は、セバスチャンの制作費を地道に回収するぜフリーマーケットin吉祥寺パルコ屋上!
に参加してきました。

セバスチャンのプロデューサーappledoreのいさむくんと店番from10時〜17時。出店料2500円。

天気も良くて 売り上げもそこそこで人生初フリーマーケット(店側)を満喫しました。

家にあったフィギュアやおもちゃ 服など処分できて良かったです。

感動的なのは まだ小さな男の子が 全くの見た目の好みでフィギュアやおもちゃを選んでいくことです。

「あ!○○だ!」っていう自分の知ってるキャラクターを買うのでなく そんときの第一印象で大人なら選ばなそうな 少し汚れた正体不明な謎のロボットやタイガーマスクの敵方キャラを親に買ってもらってました。

タイガーマスクの敵方キャラのフィギュアを買った男の子はメキシコと日本のハーフの男の子(多分。お父さんがメキシコ人みたいだった。いや チリ人かもしれないけど)で5才くらい。

その男の子はお父さんやお母さん(日本人)やお兄ちゃん(8才くらい)と何度も当店に来店して そのたびにその敵方キャラ(ライオンのマスクをかぶって両腕を曲げて力こぶを作ってる)を取り上げてじっと見ては訴えるような目でお父さんやお母さんを見つめる。だけどお父さんお母さんは やんわりと無視。

別に あえて その薄汚れたライオンレスラー選ばなくても

って思うお父さんやお母さんの気持ちも分かる。

僕自身も店頭に置いてはみたものの 何故に彼がそのライオンレスラーに執着するのかよく分からない。もっと いいの他にあるじゃん!

何度か来店したけどライオンレスラーに執着した彼はやはり買ってもらえません。そんな彼が残念そうに店を去ってしばらくたちました。

ふと気が付くと彼がこっちに向かって人ごみの中を走ってきます。手には100円玉を握りしめて。
ご両親の許可を得たみたいです。

満足そうな笑みを浮かべてライオンレスラーを手に去っていく男の子を見て思いました。

フリーマーケットって何だか楽しい。

そっから数時間後 日も暮れてきて閉店する店も増えてきました。 当店もそろそろ閉めようかと思い始めた頃にその男の子は現れました。三才頃の男の子です。お母さんと一緒です。
その子は 僕が10数年前に外国で買った謎のロボット(ちょっとドムに似ている)が気に入ったご様子。薄汚れたロボットを母親にせがみます。
今度のお母さんは このおもちゃに集中してくれると自分的に楽 みたいなことを言いながら購入してくれました。

お母さんの背中にかくれながら満足そうな笑みを浮かべた男の子。

思います。

フリーマーケットっていいな。

数分後 当店の前方10メートル程先の人ごみの中で倒れこむ男の子がいます。
ロボットを買った男の子です。

男の子は10センチ程のロボット相手に転びながら格闘しています。

何ていうか 屏風から体半分だけだして男役と女役を演じる芸人さんを見るようでした。

必死に戦う男の子。

つい数時間前まで部屋の片隅でのんびりしていたのに急に戦うはめになったロボット。

男の子はパルコの屋上を転げ回ってます。

フリーマーケットってすばらしい。


はっきり言って僕らの店は吉祥寺パルコの屋上では異色でした。
大半の店が女の子が女の子のために女の子の古着を売る中 当店では バランスボールやらビールのジョッキやらゴルゴ13やら何やら売ってるのです。
洋服もちょっとだけ売りました。昔買ったジャケット。でも それもカレーのしみがついてる なんて おじさんに指摘されて(確かについてた)値切られました。

それも含めてフリーマーケットは楽しい。

寒くなる前にまた出店することを決意したのでした。
posted by バカバカンス at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年09月21日

テニス

昨日は須田くんに誘われて井の頭公園でテニスをしました。須田くんは須田テニス部ってのを最近始めたのです。

テニスをするのは一昨年の正月以来でしょうか?

小学生の甥っ子相手にWiiでやって以来です。

高校の時に買ったラケットをシティのトランクから引っ張り出してリュックにぶっさして自転車こいで井の頭公園へ向かいました。

そのラケットを見て須田くんは

これは軟式用のラケットだ
と言います。

心外です。

そんなはずはないんだけど。自分ではよく分かりません。

多分20年近く前のラケットなので その間に硬式ラケットの形が大きく変化していったのではないでしょうか?
ゴルフのクラブのヘッドも最近大きいらしいですし。
思えばこの20年ガットを変えた記憶もありません。
その割りにはよく頑張ってくれました。

須田くんの最新のラケットとかも使わせてもらいましたが 僕はこれでいいです。って感じです。

ちなみに このラケットはバカバカンスで渋川清彦氏がシティのシートをはたくシーンで使ってます。

実際よくラケットではたきます。何せオープンカーですからね すぐほこりっぽくなってしまいます。

実はもう一本ラケットがあります。 母が若かかりし時に使っていた いったい何年前か分からないくらい古くて竹で出来たラケットです。「アパートの鍵貸します」でスパゲティを湯きりする時に使ってたようなラケット。
これも持っていこうと思ったのですが トランクから引っ張り出したら グニャリとひんまがってました。
まぁ ずいぶん長いこと使ってたラケットですからね。

須田くんは最近テニスを始めたらしいですがちゃんとした格好をしています。あたかもテニス経験者のよう。
形から入る男なのです。
シャツもノースリーブで
それが上手そうに見えるのです。
実力以上に。

もう一人須田テニス部メンバーの中で一番の実力者の松永くんもノースリーブ。
これだ!

と思い Tシャツの袖をまくった井の頭公園のテニスコート。

ふざけてサーブの度に雄叫びをあげていたのは僕だけで 最近はサーブを打つのに雄叫びをあげる人なんかいませんよぉ と須田くん他テニス部の視線も冷たく じゃあ 何のためにテニスするのさ?サーブで雄叫びするのがテニスの醍醐味。カラオケだってシャウトするためにやるもんじゃん って思う僕は時代おくれなのでしょう。それでもめげずに雄叫びあげながらサーブをするものの基本入らず入っても簡単に打ち返されることを考えると あまり雄叫びサーブにこだわる意味もないのか…と思いながら 空回り。
気がつけば両膝すりむいて出血してました。

あなたを待つのテニスコート

とテニス参加メンバーの一人appledoreの下石さんにもメールしたところ そのことに関するコメントはなく… そうだ俺はブリキのコインだー降りるはずの駅は後ろー

チャボの歌で「テニス」ってのがあります。地味な曲ですがいい曲です。
あまりうまくいってないかもしれないカップルが週末にテニスする歌です。

チャボは一昨日の清志郎の特番ラジオに出演していて小林克也に色々いいこと言ってました。

やっぱチャボだなぁ。

チャボと誕生日が一緒のことが自慢です。

チャボはテニスするのかな?
しなさそう。

須田くんはテニス上手になりたいみたいです。向上心あります。

僕はあんまりありません。
ただテニス合宿にはあこがれます。
合宿。
素敵な響きだ。

そう言えば高校の料理研究部の合宿でもやったなテニスin中津川、高1の夏。テニスのあとは鴨をさばきました。楽しかったな。

合宿やってくんないかな須田くん。もう鴨はさばかないけど。さばけないし。 雄叫びもそこそこにするし。
posted by バカバカンス at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年09月19日

サインボール

200907121616000.jpg200907121613000.jpg200907121614000.jpg200907121614001.jpg昨日見ましたイチロー出ている古畑任三郎。

ああいうイチローの芝居を見てますと 昔の 王監督とか出てきて 「やぁ こんにちは 」とか 棒読みでやってたのが懐かしいです。

あれはあれで悪くなかった。

イチローはうまいです。
でも そんなにうまくなくても。

って思ったり。

気がつきゃ 世の中にびっくりするほど音痴な人にあまり出くわさなくなりました。

古畑任三郎の中で サインボールが重要な小道具として出てきます。

んで思い出しました。

7月に行った沖縄の伊是名島の海岸に落ちていたボール。

とっても きれいな海岸で。

ボールには子どもの字で「星吾」と書いてありました。

伊是名島には後輩の助監督の女の子の結婚式で行きました。島に住む新郎と結婚したのです。
小さな島なので新郎の知り合いの子どものボールかもしれないと思って持って帰りました。

でも そのボールの名前を見ても首をかしげる新郎。
はて それでは 誰のボール?
誰って そりゃ 「星吾」なんだけど。
きわめて沖縄っぽい名前なんですけど。
意外に もう10数年前になくしたボールだったりして。

イチローのサインボールは古畑任三郎が抜群の推理力で発見してましたが。

伊是名島の星吾くん(さん?)は今どこでどうしているんでしょうか?
普通に伊是名島にいるんでしょうか?

にしても きれいな海でした。シュノーケルしましたが空を飛んでるみたいでした。低空には魚がたくさん飛んでいました。
海岸の横には変な形の山がマウンテン。
posted by バカバカンス at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年09月15日

不在

びっくりしました。
たこ焼きの話です。
吉祥寺のお祭りは終わったのに、神社にまだ縁日の
屋台が出ています。
カレーを食べてお腹はいっぱいだったけど、誘われ
るように行きました。
もう終わり近くで多くの店は売り切れ状態の中、た
こ焼きやはまだ売っていたので買うことにしました。
一パック8個入りで400円。
を買おうとすると2パックで500円でいいと言う
おばちゃん。
でも、僕はそんなにいらない。
カレー食べたしお腹空いてない。
「1パックでいいです」
「え?誰かにあげればいいじゃん。2パックだと5
00円だよ」
「でも僕一人暮らしだし1パックでいいです」
「友達にあげればいいじゃん。友達いないの?」

 って言われて思わず

「友達っておらなあかんの?」

と阪本順治監督の「顔」の中で主人公の藤山直美さ
んが吐いたセリフが頭をかすめましたが、

当然そんなこと言わず

「いやぁ1パックでいいです」

「そう?じゃぁ400円」

何だよ!「じゃぁ250円」ってことにはなんない
のか?

と思いつつ400円で買いました。気分は「顔」の
藤山直美さんで。

で家帰って食べました、

当然ビールを食べながら、んでマンゼンと食べまし
たよ。二つくらい。

で気づきました。

俺が食ってるのはたこ焼きの生地ばっかりだ。

気がつきゃたこを食った記憶がない。

おかしい。そんなはずはない。

いや、そんなことがあったとしても、たまたまだ。

たまたま二個だけ、タコが入ってなかったんだ。

そっからは慎重です。

そっから以降のたこ焼きを慎重に食べ進めますが、

基本不在な感じ。

いや、いますよ。いるけど、なんか天かすみたいな
タコがね、

ちょろっとね、

これはひどい!

一瞬、たこ焼きやに戻って抗議しようかとも思うけ
ど、めんどくさいです。

大体どうやったタコの不在を証明するのだ?

向こうも負けないよ、きっと。

「いや私は確かに入れた!何年たこ焼きをやってる
と思うのさ?」

「いや、でも入ってなかったっす。」

「そんなはずはない。大体あんた友達いないんで
しょ?」

「いや、それとこれとは。」

強気に出られると弱いです。

それも含めて祭りの屋台ってことでしょうか八幡さ
ま?

しかし、あんなたこ焼き久しぶりに食べたな。

2パック買わなくて偉いぞ俺!


って何を書いてるんだ?
posted by バカバカンス at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報

2009年09月14日

ユーモアが必要だ

200909140419000.jpg200909140520001.jpg200909140521000.jpg200909140523001.jpg200909140522000.jpgと清志郎は言ってましたが。まさに そんな感じを昨日原宿ラフォーレでやってた個展忌野清志郎の世界 を見に行って思いました。
何か見てると幸せな気持ちになってくる絵です。清志郎も書いてる時楽しく没頭してたんじゃないかと塗りたくった絵の具を見ながら思いました。

間近で見るとなかなか凄い絵の具の消費量です。

自分の子どもを書いた絵はなんていうか他の絵とは違って お父さんのやさしさって言うか 絵は不思議ですね。

絵 って何だ?

なぜ絵を書くんだ?

あと絵って大人になるといやらしい上手に書いてやろう ってなっていきがちだけど

もっと自由に書けばいいんだ

って思った。


見に行って良かった!

最終日に間に合って良かった!
posted by バカバカンス at 05:27| Comment(4) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ

2009年09月13日

須田くんの勇姿

200909121249000.jpg200909121252000.jpg200909121408000.jpg須田くんはハッピが似合います。
そうじゃないかと思ってましたが やっぱりそうでした。
祭りに参加してる女子の中でも好意的な視線を送っている人もちらほらいた。
ような気がする。

しかし須田くん

奥田さんが持ってきたエスパー魔美 を見ながら

ドラえもんみたいな絵

と言い

沖縄料理店でゴーヤを食べれば

苦い

と なんていうか

あまりにもそのままの言動
あきれるというか唖然としてニコニコしてしまいます。

そんな須田くんを奥田さんは

天才

と言いますが 確かに そのストレートのもの言いを聞いていると 何か面白いことを言おうとする自分がいやらしい気もしてきます。

背の高い須田くんはみこし担ぐとその分負担が大きくとっても辛そうな顔してるのが視界に入ってきて笑ってしまいました。

みこしを担ぐのは背の高い人には大変ですね。

今日もお祭りです。

今日はみこしかつぎません。
そんな根性ありません。
posted by バカバカンス at 10:17| Comment(3) | TrackBack(0) | キャスト&スタッフブログ